子供部屋の床材は・・?我が家の事件簿から【MISAKO】

こんにちは。富永です。
今日は、我が家の大事件、聞いてください。

子供部屋に・・・沼??

だんだん乾燥してきたこの頃。お肌弱い系次女は、寝る前に必ずボディークリームを塗らなければなりません。いつものように、一緒に寝室に行くと、「お人形をとってくるから、一緒に行こう?」と、彼女の自室に誘われました。『珍しいな。』と思いつつ、現在は遊ぶ専用となっている次女の自室へ。すると、、、全てが水に浸っていました(汗

 

緑色の水に浮かぶ色紙・・・・・
溶け、潰れたクレヨン・・・
水分を吸って黄緑色に染まっている布製のおもちゃ箱・・・

 

とりあえず、書類ケースに溜まっている水を捨て、踏むと水が噴き出す敷物を取り払い、
無垢の床を拭き上げました。。。

 

昼下がりから、4時間くらい、子供部屋に籠っていた子供たち。
人形と共に、保育園ごっこをしていて、お絵描きをした後、『プール遊び』を開催したとの証言。
2階にある洗面所から水を汲んできて使用していた様子。どうして水を緑色にしたのかは不明。

緊急処置 → クッションフロア施工

起こってしまった事件は、仕方ないとして、次回の悲劇防止措置をとることにしました。

 

【準備物】(6帖+クローゼット分)

・7mのクッションフロア (W1,820×L7,000)
・超弱粘養生テープ
・両面テープ

 

・カッター
・スケール

 

宇都宮で注文住宅ならラウレアホーム
(施工前・養生テープ中。この上から両面テープを貼ります。)

宇都宮で注文住宅ならラウレアホーム

(違う向きでごめんなさい。。。施工完了後。)

 

無垢床ならではの風情と足ざわりの良さはなくなりましたが、多大なる安心感が生まれました。
凹凸加工されたクッションフロアなので、違和感は少ない様子で、大好評。

次女は来春から、寝る場所も自室になり、家を訪れてくれる、友人も増えてきます(予定)。
今回は良い機会だったのかもしれません。

どうかのびのびと(何事もなく)過ごせますように。

子供部屋・床材の悩み

子供部屋だからこそ、自然素材でよいものを。

そうお考えの方も多いと思います。実際に、足ざわりがとてもよく、寝転んで気持ちよさそうに過ごしています。一方で、鉛筆墨や絵の具がとりにくいこと、削れやすいこと、水を吸いふくらみやすいことが特徴になります。

 

今回は、遊んでいる内容を含め、子供の様子を把握していなかったことが大きな原因だったと、反省しています。今後を踏まえて、一度クッションフロアを貼ってしまいましたが、家族と共に変化していく家を大切にしていくことも、教えていきたいと思います。

 

10年後、無垢床のままの長女部屋と、クッションフロアを剥がした次女部屋を見比べて、家族の歴史を感じること、間違いなしです。

 

家づくりの第1歩をお手伝いします

相談会・見学会、新築・注文住宅のお問い合わせはお気軽にどうぞ