唯一無二に出会う

右目網膜剥離→硝子体手術からの後遺症で黄斑前膜を患いまた硝子体手術。辛すぎる入院からの退院して1年半。
視力も随分良くなり運転や仕事に支障の無い程度に回復しました。
定期的に眼科で検査を受けていますが、網膜の再剥離もなくほっとしている毎日です。

とはいえ、黄斑前膜という網膜の中心に膜が張る病気によって引っ張られた網膜が歪んでしまったので右目で物を見ると画像が歪むのですが、両目で見るとそんなに気にはなりません。
聞くところによると脳が画像の歪みを補正してくれているとの事です。
網膜というのはとてもデリケートな組織で、画像を光信号に代え脳に送るカメラで言うCCDのようなもの。一度歪んでしまうと元に戻るまで数年掛かると言われています。戻らない場合もある。
視力も回復してメガネをすればちゃんと見えてるし、歪みもそんなに大きい訳じゃないのに何で目が疲れるの??って思ってました。

その理由が解ったのは先日の眼科定期検診。「夕方になると目が疲れるんですけど」と先生に聞くと

「それね、大視症といって網膜がダメージ受けた影響で物が大きく見えてるから」と衝撃の一言!
確かに左目・右目で交互に見ると右目は1.2倍くらい大きく見える(汗)

先生、もっと早く言ってよ!

と思いつつ「眼鏡で矯正できるんですか?」と聞いたところ
「残念だけど、慣れるしかないんです」で終了・・・そんな眼鏡は存在しないと。

視力自体は眼鏡レンズで矯正できるけど、大視症で大きく見えてる物体を小さく見えるようにする事は不可能なんですって。

でも悔しいからネットで検索してみました。「黄斑前膜・メガネ」で

ありましたよ!1軒だけ。横浜にあるアイケアシステム(HPへリンク)という眼鏡屋さん。黄斑前膜や網膜剥離で不等視を患った人向けの特殊なメガネを作るお店のようです。
物理的に大視症をレンズで縮小させて小さく見せる事はできないので逆の発想、正常な左目用の眼鏡レンズを拡大タイプ(サイズレンズ)にして右目に合わせるという斬新奇抜なアイデアです。
口コミを見ても、評判も良さそう。藁にもすがる思いで訪問してみる事にしました。
予約しないで行く自分も無計画極まりないですが、突然行った日(時間)がたまたま空いていて対応していただけるという「ツイテルな俺!」です。

お店の前を歩いていても見落としてしまいそうな程小さい店舗(失礼!)ですが、ありました。
丁度開店時間です。マスクしてますが高齢と思われる男性店主が予約無しで行った僕を迎え入れてくれます。今の見え方に対する症状を話すと丁寧に聞いてくれて、

一度合わせてみましょうか。となりました。

普通の眼科・眼鏡屋さんに置いてある機器で視力や乱視の度合いを測った後、初めての測定器を覗くように指示されます。すると、コの字が内向き左右対称になった画像で、両目で見ると右のコの字だけ大きく見えます。2割増しくらい。

これが今の状態、右目大視症です。持っていった眼鏡を掛けて見てもこの症状は変わりません。
ですがここで店主の方が色々と調整レンズを差し替えて行くと・・・コの字が同じ大きさになり。
網膜剥離を起こす前、正常だった時の見え方に!凄く自然で違和感ゼロ。距離感も普通。

あぁ、やっとこの見え方で毎日を過ごす事ができるのか

 

レンズも眼鏡も少々お高めですが、「どうしますか?」と聞かれ買わない理由はありません。
黄斑前膜なんてあまり聞き慣れない目の病気で、しかもその人用に眼鏡屋を生業にしたところでどれだけ需要があるのか、たぶん賭けに近い商売のスタートだったと思います。
それでも、このお店があったお陰で僕は救われました。
レンズを決める時も、丁寧に何度も見え方を調整してくれて悩みをちゃんと聞いてくれます。
この人柄、熱意にお客さんはファンになるんだろうなって思いました。

眼鏡は約2週間で仕上がるとの事。連絡が来るのを楽しみに待っています。
ここにしか無い「サイズレンズ」。出会えた僕は幸せです。

家建てるんだったらここしかない

そんな住宅業界の唯一無二になりたい。そう思う出来事でした。

岡野 孝祐
代表取締役
一級建築士 / 宅地建物取引士 / VOC測定士 /第二種電気工事士

家づくりの第1歩をお手伝いします

相談会・見学会、新築・注文住宅のお問い合わせはお気軽にどうぞ