売りたいのにモノがない

最近、土地から新築までをサポートする形のお客様が増えて忙しくなって来ました^^;

宅地建物取引業を兼業するようになって、大変な事も多いけど一貫してお手伝いできる喜びを感じる毎日です。

盛り上がる趣味話

偶々なのですが、最近お引き渡しをさせていただいたOB様や打合せ中のお客様が自動車・バイク関係のお仕事をしている事もあり、乗り物好きな私も雑談でついそっち系の話で盛り上がってしまいがち(^^;;、バイク用ガレージ(施工事例へ)が欲しい、メンテナンス・防犯を考えたら箱の中に保管したいと思うのは当然で、家造り・間取りの打合せでも良く出る話です。

そんな中、そのバイクが今大変な事になっているとお客様から聞きました。

何でも、新型コロナが流行ってからここ日本でも自粛を余儀なくされる生活となり、これまでのように他人と交流して楽しむような趣味ができなくなってしまった事。通勤で満員電車に乗るのが怖い等の理由でバイク人気に火が付いたそうで、新車・中古車問わず馬鹿売れ。そこにガソリン価格高騰、という異常事態。排気量250ccくらいまでの国産バイクなら40~50Km/Lは普通に走るのでハイブリッドカーでも敵いません。そりゃ売れます。

先日、私も丁度エンジンオイルの交換時期が来たので購入したバイク屋に行ったのですが、本当に在庫がない(売約済の札付)状態でした。売れて売れてウハウハと思いきや、売る物が無いので大変らしいです。カワサキのZ900という人気車は抽選販売になったとか。

巡り合わない高価売却時期

衝撃だったのが、自分が昔所有していたホンダのCBX-400F(bikebrosのサイトへ)という4気筒400ccのオートバイ。中古で15万くらいで購入しました。当時、レーサーレプリカというカウル付きのバイクが流行っていた時期で、どちらかというと不人気車。暴走族には人気だったようですが自分はノーマルでそのまま乗ってました。

車を弄り始めるようになると乗らなくなったバイクも飽きてきて、当時良く遊んでいた後輩に3万円で譲ったのを覚えています。そのCBXは絶版車となり、30年後の今プレミアが付いて程度の良い極上車の中古価格、何と400万超え!

(参照:グーバイク:https://www.goobike.com/index.html)

インフレ率400%!(笑)。タラレバですが、仮想通貨じゃないけどずっと持ってれば大儲けできたという話です。

排ガス規制や騒音規制で国産バイクも次々に絶版車となっていき、その中でもCBXは高額で取引されているというのを耳にはしていましたがまさかここまでとは・・・ところでこの価格一体

誰が買うんだろう

脱炭素化・カーボンオフセット、電動化の波が来るといつ自分が持ってるバイクやクルマにプレミアが付くか分からない。そんな時代になりました。

それにしても需要と供給のバランスというのは上手くいかないものですね。
欲しい人が居るのに部品が無いから作れない=物が無い=今ある中古品が高騰。
この流れ、規模を問わず工期に遅れが生じている住宅業界でも起こりそうな気が・・・

 

有限会社ラウレアホーム

〒329-1106 栃木県宇都宮市上大塚町145−20

028-672-0683

家づくりの第1歩をお手伝いします

相談会・見学会、新築・注文住宅のお問い合わせはお気軽にどうぞ