身が引き締まります【MASATO】

こんにちは!工事部髙橋です!

過日、新しく始まる新築住宅の地鎮祭を執り行いました・

 

前日から朝方まで雨が降っていたので心配していましたが日頃の行いが良かったのか(笑) 
地鎮祭を行う頃にはすっかり晴れました^^

 

鍬入れの儀式

今のように重機のない時代、昔は家を建てるための土地を均す作業を人の手で行っていました。

その時に鍬は、土地を掘り起こすために使う重要なものでした。
このことから、地鎮祭での鍬入れは施主、施工者が初めてその土地に手を付けるという意味があり、土を掘り起こして起工の始まりを印します。
そして、神様の前で鍬を入れることでこの土地の利用の許しを得るという意味もあるそうです。

私たちは何度も立ち会っている儀式ですがお施主さんにとっては一世一代の大仕事になります。
いよいよ工事の着工ということで、色々と込み上げてくるものがあるかと思われます。
そのような場面に立ち会うということはとても嬉しく、これから工事が無事完成するまで身の引き締まる思いです。
これからどうぞよろしくお願いいたします!

家づくりの第1歩をお手伝いします

相談会・見学会、新築・注文住宅のお問い合わせはお気軽にどうぞ