ペットとくらす家【MISAKO】

新しい我が家には、夢のペットと暮らしたい。お家づくりとペットについて。

猫飼い初心者による考察

こんにちは。富永です。
密かなる保護ねこウォッチングを続けること約3年。
昨年12月、突如主人の意向で猫を2匹迎えしました。
初心者のため、保護ねこボランティアさんに監督・アドバイスをお願いし、環境を整えました。
早1か月。今回は、「お家とペット」について考察していきたいと思います。
(鳥・魚の飼育経験があります。「ペット」という言い方には若干の違和感がありますが、便宜上使用していきます。)

安全第一

一緒に住まうペットや飼い主さんの方針によって、また、ペットによって生活範囲は様々ですね。

・一定の範囲だけの生活の場合

範囲外への脱走は、不幸な事故につながりがちです。
扉を2重にする。鍵を掛ける。など、不意な動作で隙間から移動してしまうリスクを軽減したいですね。また、範囲内でペット単独で移動できる、自由な通り道の計画をしましょう。数通りの動きができ、数か所の居場所があると、運動不足解消やストレス軽減になります。
新築住宅の場合、間取りから検討することが望ましいですね。

・屋外との行き来がある場合

同様に、不意な脱走を防ぎつつ、飼い主さんへの配慮が必要です。
外用グッツの収納場所を計画。手足を拭く場所の確保やスペースの工夫をしたいですね。
お庭でペットが遊ぶ姿を眺める。なんて戸建てならではの、夢が広がります。

ラウレアホームでは、玄関ホールや廊下を計画することが少ないです。あらかじめ、侵入防止案や収納計画をご提案いたします。

種別快適性の追求

仲良く、元気に長く生活するには、双方のストレスは禁物です。

・温湿度環境を整える
ラウレアホームの冬の平均目標温湿度は家の中全空間、23℃・50%です。
一緒にお住まいになりたいペットの最適温度・湿度はいかがでしょうか?

   犬       21~25℃ 50~60%     

   猫       20〜28℃ 50〜60%

   うさぎ     18~24℃  40~60%

季節によって、また長毛・短毛などの個体差によって異なるようです。温湿度差あれば、区切る、分ける必要があり、水蒸気の動きにも注意です。しっかりと計画して、快適な空気環境を整えましょう。

・活動環境を整える
床の素材や壁の素材にも配慮が必要です。滑りにくい床を検討すると同時に、お掃除のしやすさも考慮しましょう。お掃除ロボットと同居できるかも、相談したいところです。

宇都宮で注文住宅ならラウレアホーム
(実家で13年一緒に暮らした手乗り白文鳥は、落とし物が得意でした(汗)

 

猫の場合は、あらかじめ爪とぎを用意することで、壁などへの被害をある程度防ぐこともできます。
個性によって、段ボール・麻ひも・平面状・柱状など好みがあるようです。

宇都宮で注文住宅ならラウレアホーム

(我が家は、麻ひも×柱派です。)

 

・活動しない範囲を計画する
侵入禁止エリアも決めておきたいところ。体が小さなペットには、隙間が致命的になりかねません。

宇都宮で注文住宅ならラウレアホーム

(お施主様邸。階段に施工した柵。階段と同種・同色なので、お部屋になじみます。)

 

また、家中自由に行動してほしい場合、健康を害するものをどのように収納するか。が重要になります。

  ・医療品

  ・ごはん・おやつ 

  ・歯ごたえの良いもの

鳥は紙・猫はプラスチック・犬は電気コードなどペットや個体によって好みはさまざま。
計画的に収納し隠しておくことで、健康を守り、片づけストレスの軽減にもなります。
場所は覚えてしまうことが多いので、開けにくいなどいたずら防止の工夫も必要ですね。

清掃・匂い対策

・清潔・清掃

体だけでなく、ペットのお部屋をきれいにする方法も考えておきたいですね。最小限の動作できれいにできるように、洗面台の計画だけではなく、収納とゴミ箱も近くにあると便利です。水槽を扱う場合には、掃除用具が細かく、水質維持のための予備水槽など、スペースも大きくなります。外部へのルートも一緒に検討しましょう。

・匂う前に排出
いつも決まった部屋で過ごす。トイレは決まったところで済ませてくれる。こんな場合は、上昇気流に乗らせることなく、臭いを舞い上げる前に排気してしまうのが効率的です。ラウレアホームの換気システムは最適ですね!

家族の幸せは準備が肝心

どんなペットでも当てはまることが多かったのではないでしょうか。家族の生活が快適になれば、一緒に過ごす時間がさらに楽しくなります。ご自宅をご検討の際には、ペットを含めたご家族の計画をぜひお早めにご相談ください。

家づくりの第1歩をお手伝いします

相談会・見学会、新築・注文住宅のお問い合わせはお気軽にどうぞ