2014 海外研修【ドイツ・プラスエネルギーハウス研修】ミラノ立ち寄り1

ローマの古代建築を堪能した後
空路で「ファッションの街」ミラノへ

ミラノには世界最大ゴシック建築と言われる「ドゥーモ大聖堂」があります。
広場に着くなり圧巻の佇まい。彫刻で組みあがったような巨大建築物が目の前に。


ローマと違って治安が悪いです。アフリカ系の大柄な男性が「フリーフリー!フレンドフレンド!」と笑顔で近づきミサンガを腕に巻き付けて来ます。
これを腕にきっちり巻かれたら最後。表情が豹変し「金出せ」と捲し立てます。
この噂を聞いていたので、目も合わせずスルー。
駅でも鉄道の切符を買うのに少しでも迷っている所を見せると、横から親切にボタン押しを手伝い「金よこせ」と言ってくる。
下調べは大事。完全無視を決め込み切符を買うだけです。
どう見ても生活にに困ってない少女(身なりが綺麗)が「マネー!」と空き缶を突き付ける。
ドゥオーモ見学前、自由時間が少しあって一人でぶらぶらしてるとロクな目に遭いません。

見学時間になり、メンバーでドゥオーモへ。
写真紛失してますが(~_~;)青銅の扉が有名です。
屋上から見た建物もまた素晴らしい造形。地震が多い日本ではありえない構造です。

雨樋に至るまでゴシック建築。一切手抜きはありません。
ヴァチカンもそうでしたが、教会という存在がいかに絶対であったか。
聖堂内の巨大なステンドグラスや内装にも600年の歴史を感じます。

大聖堂を出て、徒歩で5分。ファッションブランド店が軒を連ねるアーケード
「ガッレリア」があります。


プラダ・ルイヴィトンといった誰でも知ってる高級ブランドが立ち並びます。
まぁ僕は高級ブランドに興味がないので、建築物を見てるだけで大満足なのですが
「ん?あれ?ここどこかで見たな・・」という景色
そう、あの東京ディズニーランドの「プラザ」はここをモデルにデザインされているそうです。ナルホド、そっくりな訳だ。


夜はイタリア・ミラノ立ち寄りメンバーと晩餐会。
晩餐、といえばイエスキリストの最後の晩餐
この翌日、「最後の晩餐」本物を見に行く事になります。
ミラノ立ち寄り2へ続く・・・