不要なリフォーム工事?

先日、OB様から携帯に緊急の電話が入りました
「近所で屋根工事をしてるという業者の方が、突然訪ねて来て、

お宅の屋根の棟板金がパタパタ浮いてて剥がれそうだよ

と言われてその方に見て貰う前に岡野さんに、と思って連絡しました!」

屋根ですから雨漏りに繋がる場所ですし、これは直ぐに行かないと!と
思いつつ私もお客様との約束があったもので弊社の従業員一番の若手「直也君」に行って貰うことにしました
ヘルメットと梯子を持って現場に向かう直也君
別の現場に居た僕(社内LINE)に直也君から写真と調査報告が入ります
実際に屋根に上がり棟板金周りを点検。何枚か写真を撮って
「棟周りは特に問題ありませんでした。OB様にも写真を見て貰って安心していただきました」
とフォローまでやってくれたようです
弊社の従業員さんは皆情熱を持って仕事をしてくれるので本当に助かります
その時送られてきた写真の中の一枚です

実は今回ブログでお伝えしたかったのがここから
半年ほど前、全く同じような経験がありました
そこは今から30年前に弊社で新築していただいたOB様のお家なのですが
道路を挟んだ向かいで瓦補修工事をしていて、そこの職人さんが

お宅の屋根瓦ずれてるから見てあげるよ

と一瞬、親切そうだし見て貰おうと思ったそうですが私に連絡をくれて
直ぐに見に行きました。実際に現場調査してみると瓦がずれているなんて事はなく
東日本震災で少しダメージを受けた後に補修もしていましたので何も心配するような箇所もありませんでした
OB様も「何か、適当な事言って屋根に上がって修理代でも請求するのかね?」と仰ってましたが
私も同じように感じたのを覚えています
ラウレアホームで新築やリフォームしていただいたOB様にはお引渡の時
「もし訪問営業や訪問修理の業者が訪ねてきたら先ずは私共に連絡をくださいね」
とお話していますので、今回のように何もなく済みましたが
もしかすると、必要のない修理(もしくは修理すらしない可能性も)
で高額な修理代を請求されてしまったりする事もあるかも知れません
ラウレアホームはこのような訪問営業は一切しておりません
すべてが悪質とは言えませんが、宇都宮でもこのような手法で不要なリフォーム受注をする会社も増えてますので
先ずはその家を建ててくれた会社、お付き合いのある工務店に連絡をしてみてくださいね
本当に修理が必要であっても、そこを造った会社なら最善の方法で直してくれる筈ですから
(宇都宮で新築・注文住宅ならラウレアホームへ)
[staff]

家づくりの第1歩をお手伝いします

相談会・見学会、新築・注文住宅のお問い合わせはお気軽にどうぞ