暖かい家は乾燥します=加湿が必須

こんにちは、社長の岡野です!
10月もあと10日で終わり。いよいよ冬に向け季節も移り変わっていきますね。
霜が降りる前に、去年植えた庭木のドラセナも防寒対策をしなきゃと考えています

さて、ちょっと今日は湿度「湿気」の話をしたいと思います
湿気というと夏はジメジメ。皆さんもエアコンで冷房し「除湿」すると涼しくなるのをご存知かと思います
実際には除湿運転でなく冷房運転の方が消費電力も少なくエコなのですが(^.^;
原理はエアコンで冷房する=エアコン内部がメチャメチャ冷たい=室内機で結露→室外機ドレンから水が出る
この「水が出る」= 室内の湿気、水蒸気。エアコンは機械の中で室内の湿気を結露させる事で除湿ができてるんですね
冷たいのですからそのまま風を送れば部屋も冷えるという事です
結露という自然現象を上手く使った効率的な設備なんですよね、エアコン
実際に家庭用冷房機器というと電気で動くエアコン以外に無いと言っても過言ではありません

前置き長くなりましたが、今度は暖房の話
暖炉・薪ストーブ・床暖房・ガスファンヒーター・FF式石油ファンヒーターと色々な暖房機材がありますね
外気温がマイナス10℃までの地域でしたら、一番省エネルギーなのは実はエアコンです
電気で?と思われるかも知れませんが事実です
僕の設計する家はエアコンしか付いてないのですが、十分暖かく何より「安全」なので真夜中もつけておけます
灯油やガスを使って火気がある場合はそうもいきません。火災の危険があり不安ですものね
ZEH(ゼロエネルギーハウス)を設計する上で暖房機器の選択があるのですが、エアコンを選ぶと最も省エネになりますし
実際にそうなのです

さて本題
部屋の空気を温めると、乾燥します。どんな省エネ住宅でも乾燥します。
それはエアコンの風で乾いて乾燥してるのではなく、暖められた空気は相対湿度が下がる事によってそうなります
例えば外が雨で外気温0℃の時、相対湿度100%。相対湿度とは「湿度計」で表示される湿度の事
24時間換気システムでその空気が室内に取り込まれ25℃に暖房されたとします
その時、全く加湿をしないとしたら湿度は何%だと思いますか?正解は20%
本当は相対湿度ではなくグラム数で答える絶対湿度にしなくてはいけないのですが、ややこしくなるので割愛します
25℃に暖房していたとしたら湿度は40%は欲しいです。それ以下だと人間は寒く感じるんです。風邪も引きやすい
23℃なら湿度50%が目安

高性能な家程、家中暖かいので家中乾燥します。なので加湿が必須なのですね
加湿はしなきゃいけないけど、給水が大変(汗)しないよりはいいですが
一日何度もタンクに水を入れないといけません
で、ラウレアホームには様々な設計上のアイデアもあるのですが
いよいよ「自動給水加湿器」がデビューしました。去年、モデルハウスで実験した初号機「AGDEFF」が試運転して実用化になり
先日、新型の「AGDIFF2」を開発しました。現在モデルハウスで試運転中です。上手くいきそう
ですが、ごめんなさい新築限定です

10/28(日)開催の構造見学会で、AGDIFF2のお話もする予定です
これから新築をお考えの方、是非ご来場ください!
ライフスタイルに革命を起こしていきます


AGDIFF搭載のラウレアホーム・モデルハウス。色々なアイデアの実験棟でもあります

(宇都宮で新築・注文住宅ならラウレアホームへ)