2017/フランク・ロイド・ライト探訪2

落水荘から車で10分、こちらにもライトの残した建物があります
ケンタックノブ。残念ながら外観のみ写真撮影可能との事で開放感のある室内のものはありません

駐車場から高台の建物までは送迎バスで上がります。ここで説明を受けながら中に入ります
ライトのテイストが沢山詰まった空間設計・・・ですがこの目に焼き付けるのみ
撮影可能だったバルコニーをどうぞ(^.^;

やはり落水荘と同じように、建物と自然の調和を大事にしていますね
光の取り込み方をとても大事にしていて、随所にトップライトがあり適度な「暗さ」の中に
視線をそこへ持ってくるよう自然光を差し込む設計をしています。流石
ここで同じ日本人・建築家を目指す大学生とその家族と出会い色々話をしました
若い時にこの刺激を受けるのは羨ましいですね。巨匠と呼ばれる建築家目指して頑張って欲しいです

さて、ここから次の目的地シカゴへを目指すのですが移動手段はレンタカー
広大なアメリカ横断ツアーの始まりです
左ハンドル・右車線。ケンタックノブからのスタート・ドライバーは僕です
緊張しますけど、街中じゃないので直ぐに慣れます。右に寄って走ってしまうは仕方ないらしいです(^.^;

夕方ペンシルベニア発でとてもシカゴまで行ける距離ではないので、途中インディアナポリスで一泊してから向かう計画
ルート70highwayをひたすら走ります。ただ真っ直ぐで単調な景色・・・眠気との戦い=音楽大音量でノリノリにするしかありません
寝てる人など知ったこっちゃありません(笑)

7時間近くこの景色・・休憩時意外全くハンドルを回す事がありません
トレーラーのタイヤがあちこちにバーストし放置されていたり、シカが轢かれて横たわっていたり。アメリカンな景色です

運転を変わって貰って、空を見ると・・・凄い飛行機雲の数
国内・国際線とひっきりなしに飛行機が飛んでいました
というか「これ飛行機で移動する距離じゃね?」と思ったりしまして(^.^;
インディアナポリスに着いたのが夜の11時過ぎ

やっとホテルに。と思ったらトラブルはつきもの
日本で予約済のホテルが「予約はされていない」と
しかも満室で泊まれないと絶望的な返答(汗)
これは車内泊?いやいやとりあえず宿予約サイトに連絡でしょ
でしばらく右往左往。ライト探訪3に続く・・・

(宇都宮で新築・注文住宅ならラウレアホームへ)