稲妻と豪雨、宇都宮に土砂災害警報

宇都宮の夏の風物詩、雷様。そう、夕立とセットでやってくる雷です。
今年は異常な暑さが続く中、全く夕立が来ないという極めて稀な夏になっていました。
上空に寒気が入って来ないんでしょうね。
それが一変。台風13号の通過と共に雷鳴が鳴り響く。
夕方5時頃に冷たい風が吹いてきたと思ったらゴロゴロ

その後、地上を昼間のように照らす程眩しい閃光が空を突き抜けます。
最初は雷の音も遠かったのでそんなに気にもしていませんでしたが、
黒い雲が来た瞬間、パシッ!と強烈な爆音と共に目の前に雷が。
一度作業所から事務所に避難しましたが、物凄い音と光が連発でやってきます。
するといきなり土砂降りの雨。近所のアンテナに落雷しているのを目の当たりにし
久々に恐怖を感じました。

少し落ち着いてきたかな?と自宅へ戻るとパシッ!と大きな音と共に停電
2回ほど停電しました。

落ち着く間もなく緊急地震速報と同じメロディーでスマホが鳴る
宇都宮で土砂災害警報発令。避難できる用意を、と。
ツイッターを見てみると、「道路が冠水してる」「川が氾濫」といったツイートが
幸い僕の家は近くに川や土砂崩れの起こるような山がないので今のところ大丈夫ですが
深夜まで警報が出るようなので気が抜けません。

災害のない地域だと思っていましたが、明日は我が身かも知れません。
自分は大丈夫だろう・・・これが大きな被害をもたらしますからね。
大雨になり避難警報でなく避難指示が出たら避難所へ行こうと思います。
自然現象なので仕方ありませんが、大きな被害が出ない事を祈るばかりです。

宇都宮で新築・注文住宅ならラウレアホーム

※画像はフリー素材を使用しています