新築注文住宅・構造見学会終了しました

昨日10/28(日)、宇都宮で新築中の注文住宅にて構造見学会を開催しました
7組のお客様にご来場いただき、夕方最終回まで盛況となりました
早速「前向きに検討したいです」等、嬉しいお返事を頂戴し嬉しい限りです
お忙しい中、貴重なお休みに足を運んでくださって本当にありがとうございました

冬季ヒートショックによる救急搬送率No.1=ワースト1の栃木県
全国的に家の性能が悪いのでは?と分析する先生もおられますが
データから見てもBELSの申請件数も多いですし私はそうは思いません
暖房をケチって「勿体無い」心理から抜けられない県民性と
寒いのを我慢してしまう習慣。暖かく住まう事を最優先に伝えない造り手のせいです
何とも恥ずかしい・・・
毎年夏、数人が熱中症で亡くなった事を大々的に報道し
2万人近く風呂場・脱衣場で死んでしまう冬季ヒートショック事故については何も言わないマスメディア

お客様はこれから建てる家を造ってくれるパートナーを探しに、それらビルダーの開催する見学会へ足を運びます
そろぞれ優れた工法、得意な分野をPRするでしょう
勿論私も少しはします(^.^;
でも、大事なのは「どこを最優先に基準を決めて家造りを進めるのか」
カッコいい家を自慢する為に建てる人はあまり居ないでしょう
今より広く、明るく、暖かく、暮らしやすい家
でも、もっと大事なのは自分を含め家族の命を守る事
ゼロエネルギーハウスであっても、残念ながら寒い家は出来上がります
危険な薬剤を使わない。ヒートショックで死なない事
昨日、伝えたかったのはそんなお話でした

(宇都宮で新築・注文住宅ならラウレアホームへ)