平屋建てが人気

新築をお考えのお客様との打ち合わせで、必ずと言っていい程

平屋建て

の話が出ます。人気の理由はやはり、同一フロアで全てが完結するという事でしょうか

階段は意外とスペースを取るのと、2階との整合性を保つ必要がありますので1階の間取りに大きく影響します。この階段がなくなるだけで物凄く家の間取りに自由度が出るんですよね。

二世帯の場合は世代間プライバシーも考慮しなくてはいけませんし、平屋は好まれませんが

単世帯で4人家族程度であれば

できたら平屋が良いんですよね ~

と希望が出ます。

ですが、平屋にできるのには絶対的な条件がありそれは「敷地が広いこと」

住宅街で平均的な50~60坪の面積、家族4人の必要部屋数をプランしていくとほぼ不可能になってきます。

それから建築コストも割増に。「階段が無いから安いじゃん」と思われがちですが、階段の材料・加工費が減る代わりに、2階建てだった場合の部屋が1階に来る訳ですから、基礎のや屋根の面積が大幅に増え、そこにかかるコストが階段とは桁違いなので

結果、工事金額も増えてしまうということなのです。

平屋は贅沢

と良く言われたりしますが、ある意味合ってるように思います。

私の自邸(モデルハウス)も最初は平屋でイメージしていたのですが、ビルトインガレージをつける都合で結局2階建てになりました。もう少し敷地が広ければ平屋が良かったです、というのが本音です。

沢山ご縁のあったお客様の中で、何度か平屋建てで建築させていただきましたが、どっしりとした家の外観だけでなくワンフロアで暮らせるライフスタイルは、やはり良いな(羨ましい)と感じます。

平屋だと建築コストも高くなる。ただでさえ建築費が上がっているのに、もう平屋は無理なのか?そこを間取りのアイデアでコンパクトに設計し、床面積をできるだけ少なく

しかも狭苦しく感じないようにしていけるか?がテーマです。

具体的に言いますと、廊下という本当に無駄なスペースを極力減らす。帖数は抑えても、天井高を高くすることで視覚的に広く見せるように空間を作る、等。

気密性能だって平屋の方が絶対的に有利です。階を繋ぐ部分の気密処理って本当に大変ですから。

2階建て、下屋がある間取りでC値0.1って結構凄い事なんです!実は。

友だち追加

家づくりの第1歩をお手伝いします

相談会・見学会、新築・注文住宅のお問い合わせはお気軽にどうぞ