2018HMS海外研修/北欧建築・フィンランド1

ストックホルムからフィンランド・ヘルシンキヴァンター国際空港までの所要時間は飛行機で1時間
眠ったと思うとあっという間に到着です(^.^;

空港からフィンランドの首都ヘルシンキ、その市街地までは鉄道を使いました
景色もスウェーデン・ストックホルムとは一変し、人通りも少なく落ち着きのある街並み
夏至祭の時期に行ってしまい、殆どのお店がやってないのもありますが(汗)

初日はヘルシンキ中央駅から徒歩3分のホテルに泊まりますが、途中不思議な形の建物が目に入り近寄ってみると
どうやら小さな礼拝堂のようでした。見学しても大丈夫か尋ねると、笑顔でOKサイン。しかもスーツケースを事務所で預かってくれる
親切な対応に嬉しくなります

宇都宮で注文住宅ならラウレアホームへ

ここが誰の設計かは解りませんが、中はとても柔らかい光に包まれていました
宇宙船のような外観のこの建物は「カンピ礼拝堂」
ミッコ・スマネンというフィンランドのデザイナーが設計したそうです
外壁、内壁はセイヨウヤマハンノキ
天井板をあえて壁に接合せず、支柱で固定する事でその隙間に自然光を入れ、壁に反射させ床を照らしています
神々しいという言葉がぴったりですね。見せて貰えて有難かった

宇都宮で注文住宅ならラウレアホームへホテルにチェックインして少し時間があったので、市街地を散策
夏至祭という夏のクリスマス。大きなデパートはやってますが、有名なマリメッコ・iittalaなどフィンランドの有名なお店はclose
本当に閑散としています。街中に人が居ないのに理由があります。
フィンランド人はサウナが大好き。殆どの人がサマーハウス(別荘)を持っていて、夏の休暇や週末にそこに行きサウナに入って湖や海に飛び込み
肌を鍛えているとか。ヒートショック事故大丈夫かな?と心配したりするのは僕だけでしょうか
そう夏至祭の真っ最中、一年で一番「街中に人が居ない」時に行ってしまったのであります(汗)

数少ない営業中のお店をウィンドウショッピング
街中をぶらついていると夕飯の時間に。開いてるお店を探します。やっと一軒見つけましたが、客が酔ってて危険が雰囲気
大柄な男数人が、急に入ってきた日本人を見て睨みを利かせます
ちょっとヤバそうなので注文前に店を出ました。しばらく探し回ってやっと次を見つけました

スウェーデンで既に肉・ポテト・ピザのローテーションに飽きてきて、そろそろ優しい料理が食べたいなと思っても
ありません(汗)これでもか!とポテトが出てきます

宇都宮で注文住宅ならラウレアホームへ

あんなに光り輝いて見えたステーキも、肉の塊にしか見えなくなってきました
日本という国が、どれだけ食べ物が豊富で選択肢も多く、美味しい食べ物で溢れているか実感します

宇都宮で注文住宅ならラウレアホームへ

ホテルまで歩いて移動
ヘルシンキ中央駅バスターミナル前広場。バスだけでなくトラム(路面電車)が走る景色、異国情緒溢れます

宇都宮で注文住宅ならラウレアホームへ

私、去年12月から新築の新居に引っ越してから快適な温度と湿度のお蔭で
冬に1,2回は風邪orインフルエンザを患うのですが、この海外研修まで一度も病気になる事はありませんでした
でした=ここで風邪の症状が出始めます(汗)初期症状と思われる鼻水・喉の痛み。まだヘルシンキに着いたばかりなのに・・・
でも気合で乗り切るしかありません。アアルトの建築を見ずして帰れませんからね

フィンランド2へ続く・・・

(宇都宮で新築・注文住宅ならラウレアホームへ)