台風14号ナンマドル接近中!(ご注意を)

台風シーズン真っ只中。夏の猛暑で上昇した太平洋の海水温、蓄積した熱エネルギーによって発生した水蒸気は上空を流れる風に乗って日本列島にやってきます。
それはやがて左巻きの渦巻き状の速い風になり、低気圧内の最大風速(10分間平均)が秒速17m以上になると台風になります。

台風の強さ、大きさはhpa(ヘクトパスカル)で表され、通常の穏やかな状態が1気圧=1,013hpa。
今回接近中の台風の勢力は?(画像はウェザーニュースwebサイトより)

ブログを書いている9/18(日)14時の台風の勢力930hpa。これって900m標高が上がる程の気圧低下というイメージです。
今まで日本に上陸した最強クラスの歴代台風を調べてみました。

第3位 平成5年 台風13号 鹿児島県上陸 上陸時中心気圧 930hpa
第2位  昭和34年 台風15号 和歌山県上陸 上陸時中心気圧 929hpa
第1位 昭和36年 台風18号 高知県上陸 上陸時中心気圧 925hpa

って事は3位の平成5年 台風13号と同じ勢力って事ですよね。でも、昨夜のニュース中心気圧910hpaで上陸かも?と気象庁の会見を見ていたので、これでも少し弱まった感じですね。

今夜あたりから九州地方が暴風域に入るそうなので、状況が気になって仕方がありません。
関東は安心なのか?と進路が気になりますが、進路予報円を見ると山口県上空辺りで右急旋回。
本州を縦断して温帯低気圧に変わるコースです。
弊社の新築現場も足場のネットや資材関係、台風対策をして来ました。
サンダル1個でも凶器になりかねないスーパー台風の猛烈な風。
周辺に飛ばされるものがないかチェックしましょう。

せっかくのシルバーウィーク、旅行やイベントを計画していた人も沢山居たでしょう。
私も先週、この台風が発生する前は友人とサーフィンに行く約束をしていましたが勿論、キャンセル。大人しく家でこのブログを書いています。

ただでさえコロナや円安で危機的状況のニッポンに、大きな被害が出ない事を祈るばかりです。

家づくりの第1歩をお手伝いします

相談会・見学会、新築・注文住宅のお問い合わせはお気軽にどうぞ