街の風景になる【MASATO】

こんにちは!工事部髙橋です!

11月に入って朝晩はいっそう冷え込む季節になりましたね(^-^;
みなさん寒さは我慢せずにしっかりと暖房してヒートショック対策をしていきましょう!

 

嬉しいお言葉^^

さて、2か月前にお引渡しをした新築住宅の現場で外構工事の監理に行った時のことです。

工事写真を撮っているとお隣にお住いの方が出てきたので、新築工事をしている際はお世話になりました!とご挨拶をすると、「とても素敵なお家になりましたね」と言ってくださりました!

「夜、家の前を通った時に窓から漏れる暖かい灯りを見た時に、その家庭の温かさみたいなものが伝わってきて私は好きですね」と、とても素敵なお言葉をいただき、施工した私たちもこの上ない喜びです!

街の一部にもなる

新築住宅というのは公共の建物と違って個人の建物です。なので、自分の思うままに建てることも可能ですが今回の出来事のようにその地域の方々からどう思われるか、特に外観などは地域の風景にもなりますよね。 

屋根の形状なども北側に既存の住宅が建っている場合はなるべく日陰を落とさないようになど、どう外観を整えていくか考慮も必要です。
これから何十年とその地域に住まう上でも大切なことだと思います。

 

弊社モデル2の夜の外観の写真です↓

道路側の植栽スペースは新緑、紅葉と楽しめるような樹木を植えています。
今の時期は落ち葉が飛んでいかないよう掃除をするなど大変なこともあります。
ただ外に出て手入れをしていると散歩している近隣の方とのコミニケションも生まれてきます^^ 

道行く人に緑のおすそ分け、なんていうのもいいものですよ^^

高橋 勝人
工事部:部長
ニ級建築士 / 福祉住環境コーディネーター2級 / 二級建築大工技能士

家づくりの第1歩をお手伝いします

相談会・見学会、新築・注文住宅のお問い合わせはお気軽にどうぞ