いよいよ今週末

そわそわしてきました。いよいよ今週末、映画マーヴェリック(トップガンの続編)公開!
トムクルーズ主演、戦闘機もF14からF/A18になって楽しみですね〜
の話ではなくて、私また試験を受けます。落ちた時カッコ悪いから書かないでおこう言わないでおこうと最初は思っていましたが逆に公言してしまう事で

成功するまでチャレンジする

オプションしか選べなくして自分を追い込むのが好きなのであります(笑)
宅地建物取引士も、初年度チャレンジは惨敗・・・翌年リベンジを果たし晴れて有資格者となりましたが、チャレンジしてる事を周りに言ってしまっただけにやめられなくなってました。

その歳でよくやるよ

とか知人・友人に言われりしますが、歳は関係ない、頭は使ってナンボです。と思ってます。

今回、チャレンジするのは第2種電気工事士。主に一般住宅等の低圧配線工事をする事が可能になるる国家資格です。仕事で建築設計の図面描いてますので、施工図の一部として電気配線図も書きますが回路の事までは詳しく知らないのと、設計上知っておいた方が良いかな?という軽い気持ちから勉強始めましたが
今は「ちょっとの工事なら自分で配線工事しちゃいたい」という思いに変わっています

電気工事業者の職人さんなら必ず持ってる資格ですが、建築士試験のように建築系の専門校や大学出てるとか実務経験等の受験資格が無いので僕でも申し込みが可能です

今年の1月に市販のテキストを買いましたが、ぶっちゃけ中を見てちんぷんかんぷん(汗)
電気の専門用語沢山出てくるし、絶縁とか接地は聞いた事あるけど知らない単語も盛りだくさん
計算問題も分数や方程式、しかも筆記試験で計算機は使えなくて手計算。
毎朝5時前に起きて勉強するのはルーティーンになっていますが、ここ数日は休日夜間も時間を割いてやってます。


一番難しいと思うのはこの複線図。回路をそれぞれちゃんとショートしないように最小構成で設計して繋ぐのですが、器具やコンセントが多いと先に頭がショートします(笑)

ニュートラル(N)を器具に繋いでライン(L)がスイッチとコンセントへ。同じ名前のスイッチと器具を赤で繋ぐ。電線の太さと本数で使う圧着スリーブの大きと印を決める。
この図は初歩的なめちゃめちゃ簡単が回路ですが、3路・4路スイッチが組み合わさると結構難しい・・・

でも、これが描けない(正解しない)と筆記試験の後に来る実技試験が受かりません
複線図が解ってくると、電気配線図を描く時に電路も考慮するようになりますしね

宅建試験の時もお世話になりましたが、今や YouTubeで教えてくれる先輩方が沢山居るので本当にありがたいです。複線図は自分で解りやすいように赤青黒で色分けしてますが、実際は赤・白・黒の3心ケーブルなので現場ではかなり経験と技量が要求されます。

泣いても笑ってもあと6日。
現場で電工ペンチを腰袋に入れて配線工事をしてる姿を夢見て頑張ります。

マーヴェリック役のトムクルーズが来日しましたね。59歳?いやぁ歳相応には見えない。若々しくエネルギーに満ち溢れ目力のある甘いマスクは相変わらず。自分が女性だったらイチコロでしょう(笑)

TVニュースのインタビューで「どんな事をいつも心掛けていますか?」

の質問にトム

自分を高めて行く事をずっと続けている

ですよねー。カッコイイ。スーパースターにはなれないけど、志は真似てみよう( ̄ー ̄)

試験終わったら映画館にGO〜

家づくりの第1歩をお手伝いします

相談会・見学会、新築・注文住宅のお問い合わせはお気軽にどうぞ