暖かい部屋は加湿が必要です

スゥエーデン3の前にちょっとブレイクタイム

 

暖かい家は加湿が必要

という話。宇都宮も寒くなりましたね。
外では上着がないと寒いです。でも家の中は半袖です。
これは温度だけでなく湿度管理もできているから。例え室温が高くても湿度が低いと寒く感じます
お肌から水蒸気が奪われる時、熱も一緒に逃げていくからです。お肌が乾燥する部屋=湿度が足りません
風邪ひかない温度・湿度の目安で23℃・相対湿度50%というのがあります。ここまで加湿できいると快適です
でも、今の家には換気システムが搭載されていますので加湿器で加湿してもどんどん外に逃げて行ってしまいます
でも換気扇は止められない。ジレンマですね。加湿は必須。でも給水は超面倒。

写真は私の家兼モデルハウス。温湿度計下の数値が外の気温と湿度 12.8℃で相対湿度62%
上の数値が室内脱衣所。あれ?脱衣所の方が湿度低いじゃん!って普通は思いますよね?でも違います
空気は暖められると相対湿度が減ってしまうのです。だから冬は乾燥します
もし、12.8℃相対湿度62%をそのまま26.5℃に暖めると相対湿度は26%になります
本当は絶対湿度と水蒸気量の話をしなくてはいけないのですがややこしくなるのでここでは割愛します
わかりやすく言うと、湿度を40%まで上げているのは加湿器です
もしこの空気環境で23℃に室温を下げたとすると相対湿度は50%。加湿成功です。
そこで、加湿器。私が発明した自動給水システムAGDIFFで勝手に水が加湿器へ。一日4回オート給水。何もしなくて良いのです。
去年1号機を作成し、今年はバージョン2。2号機も本格可動させ5日目。自動給水による快適温湿度空間を維持しています
更に言うと、12.8℃から脱衣所が26.5℃、リビングが25.5℃。トイレが25℃、寝室が26℃に暖めている暖房機は6帖用エアコンが1台のみ。
風量は2(5段階)エアコンなのでガス無くなったり灯油切れたり、火災が怖いから夜消したりがないので夜もつけっぱなっしです
なーんにもしないで「快適」な家。やっとできました♪

(宇都宮で新築・注文住宅ならラウレアホームへ)