日光、地名の由来は?【社長ブログ】

2023年 明けましておめでとうございます。

元旦から今日1/3日まで宇都宮は晴天が続き穏やかなお正月でした。

仕事の電話が鳴る事もなく、ゆっくりとお休みをいただきました。

元旦は家族揃ってお節料理で新年を祝い、妻の実家へご挨拶。

昨日2日は友人と雪山で初滑りしてきました。スキー場は朝から吹雪でゴンドラが止まったりと悪天候ではありましたが完全防寒冬装備で、フードの無いリフトを乗り継ぎ新雪パウダーを楽しんで来ました。

安全の為にヘルメットを買ったのですが、これが結構暖かい。早く買えば良かったグッズその1です。サーフィンは横乗りなので雪遊びもボードの方が楽しいような気がするのですが、カービング用の板で滑るskiにハマり、やるならスキーになってます(^ ^)

この日も脚パンパンになる程滑れて大満足。雪景色大好き。

今日3日は妻と日光二荒山神社へ初詣に行きました。帰り道、参道の解説用立看板を読んでみたのですが、日光という地名の由来。そうなの!?と自分にとって意外とトリビアな気がしたのでシェアします。

【日光二荒山神社ご由諸】より(ページへリンク)

「二荒山神社は、神鎮まります御山として古来より信仰されてきた霊峰男体山(二荒山)を御神体山とし、天応2年に男体山の山頂にお祀したのを始まりとする。

「二荒」を音読みして「ニコウ」、これに「日光」の字をあてニッコウと読み、日光の地名の語源にもなっている。

以下略

へぇ〜知らなかった!こうして地名の由来を知ったりすると周辺知識も知りたくなります。

日光の社寺は世界遺産にも登録され、日光東照宮・日光山輪王寺、日光二荒山神社の103棟(内、国宝9棟・重要文化財94棟)の建造物群と、これら建造物群を取り巻く遺跡も文化的景観になっています。地元栃木県の歴史を改めて紐解いていく、なんてのも楽しいかも知れませんね。

 

新築で上棟したばかりの現場もありますので今年のラウレアホームの正月みは短め。明日から仕事、通常業務となります。

現場の進行に加え、「構造見学会」や「モデルハウス見学会」「ものさし塾」と週末イベントも随時開催して行きますのでInstagramやホームページをチェックしてみてくださいね。

モデルハウス3構造見学会もまだまだ空きがございます。

どうぞお気軽に足をお運びください。工事中ですが

家中ぽかぽか

を体感できちゃいます!

 

家づくりの第1歩をお手伝いします

相談会・見学会、新築・注文住宅のお問い合わせはお気軽にどうぞ