本当に良い物はいつまでも使い続けられる

こんにちは。3連休、生憎のお天気ですが楽しめていますでしょうか。
私はこの3日間、モデルハウス3(新築中)の塗装したりモデルハウス1へご来場・ご見学にいらしたお客様をお迎えし、空いた時間に道具メンテとかやってました。

モデルハウスを初めて見にいらした方で、youtubeの前知識等ない場合
ラウレアホームの家造りに皆さん驚かれますが、見学後の雑談の雑談で

「将来、家のメンテナンスについてはどうですか?」と質問を頂戴します。
具体的には、家の劣化に対するリフォームという内容が多いですが
例えばお風呂やトイレ等水廻りの結露が起因による木の腐れに対する修繕という意味では
40年、50年ご心配いただかなくて大丈夫ですと答えます。(実際はもっと大丈夫)
ここではネタバラシになるので詳しく記載しませんが、家の中に結露ポジションを作らない事
徹底した防湿と気密性能によってそれが担保されているというのが理由です

とはいえ、勿論外壁や屋根の自然現象による劣化(目地シーリング等)は当然起こりますので
修繕時期が来れば劣化部分はきちんとメンテナンスをした方が良いのが間違いありません。

そんな事を考えてブログを書こうと事務所のPCに座ってぼうーっと壁を眺めていたら
もはや壁の一部と化しているコールマンのガソリンランタンが目に入りました。
メンテナンスといえば、この前スタッフもブログで書いていたけどこのランタンって

全くメンテナンスしてないな


この赤いランタンは、私がキャンプにハマっていた頃(もう25年も前の話)バースデーランタンと呼ばれる「自分が生まれた年に製造されたランタン」を探して買うというのが流行っていまして
某オークションで出品されているガソリンランタンの中から
・コールマン社製

・1971年

・1月製造

・赤いボディーで200A型
・比較的キレイな外装
という条件で何ヶ月も探していました。で、やっと出てきた自分と同じ生まれ年、月まで一緒のバースデーランタン。勿論中古品です。
オークションなので入札金額が他に買いたい人達の中で上位にならないと落札できません。
人気のある商品で何人かの購入希望者と入札を競り合い、熱くなった自分が結局買う事になるのですが、今なら「ランタンにそれだけお金出すって馬鹿じゃないか?」と言われる金額で買いました。
入手してからも予想以上の所有感とちゃんと使える「道具としての機能」に大満足していました。

ですが、子供達も大人になるにつれ一緒にキャンプに行かなくなり
ランタンを使う頻度も激減。偶にBBOで出す程度。今では事務所のインテリア小物になっております。
ランタンなのでちゃんと使えてナンボです。数年ぶり、果たしてこれに火を入れてちゃんと点くのか?と急に使ってみたくなり、ツーバーナー用にストックしてあるホワイトガソリンを注入。ポンピングで圧をかけ、マントルに着火させるも光りません・・・光ったとしても即消えます。
やっぱりメンテナンスしてないと駄目ですね。
いくら室内保管といえ偶には面倒見てやらないと、いざという時使えない状態になります。
ランタンなので災害時の停電等、あれば大活躍間違いなしです。

さてさて、いつものYou Tube。アウトドアの達人ユーチューバーが同じ200Aランタンのメンテナンス動画を上げてくれています。どうやら私のランタンの不具合は燃料を吸い上げマントルという発光体へ送り出す部品「ジェネレーター」という所にカスが詰まっているから起こっているようです。

運良く専用工具とパーツクリーナーを持っていたので、動画を参考にサクサクっとバラしジェネレータの分解まで進んだ後、綺麗に清掃。燃料を気化させる部品は錆だらけなのでクエン酸とお湯で洗浄です。


この細い針みたいな物がジェネレーターの中にある最も細い部品ニードルです。折ったら最後、パーツ交換になります。パーツクリーナーで何度も洗浄を繰り返し、そっと元に戻す。
他可動部分には燃料漏れが起こらないようシール材を使いながら締め直しをしました。

この布みたいな物がガラス繊維でできたマントルと呼ばれる発光体です。古い物は一度撤去し、こちらも20年以上前に買ったストック品を利用。普通に大丈夫でした。
ランタンにセットし、空焚きという作業の後いよいよ再始動!
ガソリン漏れがないか確認しマントルにライターで着火。するとシュポー!っと心地良い音と共に発光体が光り出しました。暖かい電球色に癒やされます。

25年前どころか製造されたのは50年以上前。それでもメンテナンスがされていればしっかり道具として機能します。LEDランタンも手頃で良いけど、僕はキャンプやアウトドアに使うのならガソリンランタンを使いたい。エコじゃないと言われてしまうかも知れないけど、もの凄く燃費が良いんです。タンクに半分もガソリン入ってれば一晩は持ちますからね。

そういえば、「バースデーランタン」ではないけど火力が強いのをもう一台持ってたな?と
物置を探したら出てきました。コールマンノーススター2000。所謂爆光ランタンってやつです。
こちらも全く使ってないので予想通り点灯できず。200Aと同じようにジェネレーター清掃、ポンピングロッドの注油で復活しました。眩しい・・・


でもやっぱり良いな、ホワイトガソリンランタン。色温度が低く暖かみがある。
寒い季節なら、寄れば少しだけど暖を取る事もできる。ベンチレーターの上は小型ストーブです。

本当に良い物はちょっとしたメンテナンスで

性能を落とすことなく、ずっと使い続ける事ができる

これって家もそうでなきゃけないと思うんです。構造軸組が結露で腐って虫に喰われてしまうような構造では駄目なんです。
ラウレアホームに頼んで本当に良かった。そう言って貰える家をこれからも作って行こう。

岡野 孝祐
代表取締役
一級建築士 / 宅地建物取引士 / VOC測定士 /第二種電気工事士

家づくりの第1歩をお手伝いします

相談会・見学会、新築・注文住宅のお問い合わせはお気軽にどうぞ