波乗りしてきました

飽きっぽい私が、ずっと続いてる趣味。それはサーフィンです。
40過ぎてから始めたので、まだまだ初心者の部類ですがハマってしまいました。海無し県なのに(笑)
ずっと休みを取ってなかったので、代休を取って友人と茨城県の大洗町へサーフィンに行きました。
その友人もまだ始めたばかりなので、遠浅で安全な場所・近場となると大洗サンビーチという選択になります。
朝8時過ぎに到着。すると結構な波のサイズ!一番いい場所で肩~頭サイズ。これはワクワクします(^o^)

サーフィンと言えばウェットスーツ!ですが、僕は冬場にドライスーツを着ます。読んで字の如く着てしまえば身体が濡れないのです。
インナーを着用して装着すれば、スーツと身体の間に空気層ができてそこが断熱材代わりになりとても暖かい。
逆に、本当に寒い日以外に着てしまうと汗で結局濡れてしまうので真冬限定のスーツです。

首から上だけ裸で他はすべて防水仕様に。ボードにWAXを塗ってビーチへ。
早く波のブレイクしてる場所へ行きたいですが準備運動はちゃんとしないといけません。怪我しますからね(^_^;)身体をウォーミングアップしたらパドルで沖へ。
平日ですが、ローカル(地元のサーファーさん)が数人入っています。一番良いポイントに入るのは遠慮して、少し離れたブレイクポイントへ。良いうねりが入ってきます!

これは乗れる

という波を見極め、パドル開始!波という自然が作り出したパワー、推進力にボードを押してもらい
テール(足側)に浮き上がる感覚が来たら手をデッキ(ボードの上)に手をついて顔を上げ、テイクオフ!
このタイミングは一瞬!です。合わないと波に突っ込むか置いて行かれるか。
波の上に立つだけなのですが、これがどう表現したら良いのか孫悟空の筋斗雲があったらそれに乗ってる感じ?

空を飛んでる

ような感じにも思えます。言葉で伝えるって難しいですよね。でもでも、今回アクションカメラなる物を買いまして
頭に装着。パドルからテイクオフして波の上を走ってる写真の撮影ができましたので見てみてください!

↑ここでテイクオフしてボードの上に立っています。視線は右、進行方向へ。下を向いてボードを見ているとノーズが水面に刺さってパーリング(水没)します(笑)
力の作用点に足を置いたら腰を低くしてデッキに荷重をかけ、レール(ボードの横)を波に食わせ横に走ります。両手でバランスを取りながら波のパワーをボードで受け取り推進力にしていきます。

波に乗って浮遊感を味わっている瞬間の映像がこれです。ボトムという一番低い場所に降りて、足の力を一瞬抜いてまた上に上がる。
アップスンダウンという動きでサーフボードを加速させ、長ーく乗ります。いい波はこの状態が長い事。上下に動く幅がある事。

疲れるまで、乗れる波があればずーっとこれの繰り返し。モーターのような動力は一切なし。自分の力とバランス、自然のパワーだけで遊びます。
いい波に当たって最高!でした。お昼過ぎには風が出てきて面が荒れてきので上がりました。

着替えて帰り際に友人から「僕より一枚着てるものが少ないよね」と言われましたが、確かにそう感じてます。
暖かい家に住むようになって、基礎代謝が上がったのだと思います。外でも厚着しないでいられるし寒さに強い身体になってるような気がします。
でも、家の中は暖かく!外も中も寒いのは冷え性になっちゃいますからね(汗)
移動中の車の中で友人と談笑したり途中でランチしたり。楽しかった。心も体もリフレッシュ!また仕事も更に頑張れそうです

(宇都宮で新築・注文住宅ならラウレアホームへ)