宇都宮で新築注文住宅・完了しました

弊社の持つ2つの特許、J・2×hybrid(ジェーツバイハイブリッド)とクインタプルコア・システムを採用した
とても断熱・気密性能の高い家が、宇都宮市中久保に完成しました

少し外構工事が残ってしまったのですが、クリスマス・年末年始休み前にお引渡しできてほっとしています
とにかく今年は忙しかった・・・新築工事も2棟~3棟同時進行という状況の間に修繕リフォームの仕事が入ったり
工期を間に合わせる為、協力業者さんや社員に残業して頑張ってくれて、おかげで建物もそれぞれ無事完成していきますが
嬉しいのは性能や品質は落としていない事
毎回、新築物件ごと気密測定と室内VOC(揮発性有機化合物)測定をしていますが、今回のC値、隙間相当面積0.18という凄い数値でした
玄関ドアを開ける時、少し力が必要なのは気密性が高い証拠です
工事に関わってくれる仲間に心から感謝しています。いつもありがとう

ダブル特許工法、実は我が家(兼モデルハウス)も同じ仕様なのですが本当に冬暖かく快適です
暖かい家は乾燥しますので、湿度(加湿)管理も重要。そこも自動加湿システム等を使い手間なく快適になるようにできています
今回完成した新築住宅も「勝手に快適」仕様ですが、それなりにスペースや費用も掛かります
頼んでいただけた事に感謝しながら、皆で一生懸命お造りしました。お施主様にも冬の住み心地を聞いてみたいです

勝手に快適

そう言うからには、暖房も手間が掛からないという事
「趣味として」「好きだから」という理由は別として薪入れをする暖炉やストーブは毎年薪の準備やシーズン終了時のメンテナンスもお金が掛かかります
灯油(石油)を使う暖房機、床暖房や石油ファンヒーター。それも灯油を準備したり灯油切れで無暖房になるとか命の危険さえ出てくる場合もあります
じゃあガス?都市ガスなら燃料切れないしFF式なら空気も安心でしょ!
でも一次エネルギー消費量計算をするようになると、いかにガスが冷暖房に向いてない燃料か思い知らされます
結局安全でつけっぱなしできて燃料切れの心配がない。燃料(一次エネルギーに換算)を一番効率良く暖房できるのはエアコンなんです

一昨年までは、軽トラに灯油タンクを沢山積んでガソリンスタンドの列に並び石油給湯器とファンヒーター用の灯油を買っていました
凍えそうな寒い日、やっと給油をして持ち帰ってそれから家にある灯油タンクへ油を移す。服も手も汚れます
2階リビングで炊いているファンヒーターの灯油が切れると、そこに居合わせた家族は貧乏クジ。灯油を入れに1階へ

小さなエアコンで充分暖かくなり、加湿もちゃんとできる家
今まで灯油に費やしていた時間は他の事に使えます。時間は有限、いい家は時間も作り出す事ができますね

お客様のご厚意で、ダブル特許工法AGATE GLANSPIA COREハウスの完成内覧会を2019年1月13日(日)に開催させていただける事になりました
詳しいタイムスケジュールが決まりましたら、ホームページイベントコーナーでお知らせします

(宇都宮で新築・注文住宅ならラウレアホームへ)